(米ドル円日足)

先週末のNY市場でドル円は112円65銭まで下落。FRB幹部発言で米長期金利が低下したことからドル安が進んだ。一方、株式市場は依然として不安定な動きが続く中でリスクオフの円高も重なった。
しかし、NYダウは金利低下を受け最終的にプラスで終了。ドル円も一先ず下げ止まり112円後半で引けている。
NY株式市場の不安定な動きと原油安がドル円の上値を抑えており、この動きが続くようなら一段の下値を下げる展開が予想される。ただ、112円ミドルは一目の雲の上限やフィボナッチ61.8%戻し(112円50銭)、そして11月7日に付けた安値ということから強いサポートとして意識される。
このレベルを下回ると次のサポートは雲の下限であり76.4%戻しの112円10銭付近となる。
今週は日米ともに週末にかけて祝日となるため、その手前ではポジションの買い戻しが入る可能性が高いとみる。
112円ミドルで再度跳ね返されるようなら買いを入れていきたい。

今週のドル円予想レンジ:114円20銭(11月12日高値)~112円45銭(61.8%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事