情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月16日 金曜日

お知らせメールアドレスが「hono」で始まる伊藤様
お時間のある時に一度ご連絡いただけると助かります。

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は、123円安の21680円になりました。
米国株の反発を受けて買いが先行するも、9時20分の高値から右肩下がりになって122円安で前引け。後場は買い優勢で14時頃に前日値を回復しますが、大口売りが連発すると安値を更新。その後も買い戻されることなく123円安の21674円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181116j.png

日経平均 日足チャート
181116j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆5593億円、売買高は14億2466万株。
値上がり銘柄数は1442、値下がり銘柄数は607、変わらずは63銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
9業種が上昇、24業種が下落
上昇率の高い順
鉱業、陸運、保険、水産・農林、鉄鋼

下落率の高い順
その他製品、パルプ・紙、金属、電気機器、石油石炭

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は84、値下がり銘柄数は137、変わらずは4銘柄でした。
上昇率の高い順
大日本住友製薬 4.85%高、国際石油開発帝石 2.81%高、中外製薬 2.61%高、協和発酵キリン 2.57%高、日本電気 2.43%高

下落率の高い順
昭和電工 8.61%安、SUMCO 7.96%安、東海カーボン 7.62%安、アドバンテスト 7.56%安、SCREENホールディングス 5.91%安

〇半導体に売り材料
米半導体関連銘柄エヌビディアの業績見通しが嫌気され、時間外取引で17%の暴落。同じく半導体のアプライドマテリアルズが失望決算で7.7%の大幅安。これを受けて、日本の半導体関連株にも警戒感が高まり大きく売られました。アドバンテスト、SCREENホールディングス、SUMCO、東京エレクトロン、信越化学工業など。

5銘柄で日経平均を54円押し下げています。また、エヌビディアに出資しているソフトバンクも売られて3.37%安。こちらは1銘柄で34円押し下げていますから、米半導体ショックによる影響は88円ほど。これを差し引くと本日の日経平均は35円ほどの下落ですが、大きく売られているので損失補てんの他銘柄売りにつながった印象。僅か35円の下落でも日経平均採用銘柄のうち137銘柄も下げています。

東証1部全体への影響は限定的か
値上がり銘柄数が1442、値下がり銘柄数は607となっており、全体への影響は大きくなかった印象。
半導体への見方は少し前から弱くなっていたので、それが幸いしているのかもしれません。

〇黒鉛電極関連にも売り
昭和電工が8.61%安、東海カーボンが7.62%安。
黒鉛電極関連の下げが目立ちました。

〇米国株高で買い先行
ダウ平均は0.83%高(208ドル高)、ナスダックは1.72%高、S&P500指数は1.06%高。
主要3指数が揃って大幅高となり、これを好感する買いが先行。取引開始から20分で70円高まで上昇するところがありました。

〇早々に失速
70円高をつけた後は右肩下がり。後場に前日を回復するも、大口売り連発で取引時間中の安値を更新。半導体関連株への売りも影響したはずですが、日本株の流れが「やや弱い」印象です。

〇大口の狙い撃ち
前場は米国株高を好感する買いが先行するも、早々に右肩下がり。後場は前日値を回復するも、公的資金の買いを待っていたような大口売り。
人の手によるものかAI なのか分かりませんが、機関投資家が上昇を狙い撃ちした印象です。

半導体への売りよりも、「流れの弱さ」「「大口の狙い撃ち」こちらの動きを注視しています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・私の損切りルールを別角度でご説明

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら
Source: 素人投資家の株日記

スポンサーリンク
おすすめの記事