情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月16日 金曜日

お知らせメールアドレスが「hono」で始まる伊藤様
お時間のある時に一度ご連絡いただけると助かります。

米国株について
米国株は208ドル高の25289ドル。
売り先行で大きな節目となる25000ドルを割り込むと、1時間後には安値となる293ドル安の24787ドルまで売られるところがありました。その後は買い戻され25000ドルを回復。午後は大口買いをキッカケに急騰すると、高値揉み合いのまま208ドル高で取引終了。

米国株 日中足チャート
181116d.png

米国株 日足チャート
181116d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.83%高、ナスダックは1.72%高、S&P500指数は1.06%高。
主要3指数が揃って大幅高。

〇S&P500指数業種別
8業種が上昇、3業種が下落しました。
上昇率の高い順
情報技術、エネルギー、金融

下落率の高い順
不動産、公益、生活必需品

〇ダウ構成銘柄の動向
22銘柄が上昇、 8銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
シスコシステムズ 5.50%高、スリーエム 3.46%高、キャタピラー 3.45%高、JPモルガン・チェース 2.55%高、アップル 2.47%高

下落率の高い順
ウォルマート 1.96%安、ホームデポ 1.41%安、ナイキ 1.16%安、ボーイング 0.91%安、マクドナルド 0.16%安

〇経済指標
・10月の小売売上高は、前月比0.8%増になりました。
市場予想を上回っています。9月は0.1%増から0.1%減へ下方修正。

・11月のNY連銀製造業景気指数は23.3になりました。
市場予想を上回っています。10月の21.1から上昇。

・11月のフィラデルフィア連銀製造業景気指数は12.9になりました。
市場予想を下回っています。10月の22.2から大幅に悪化。

強弱入り混じっていますが、良好な小売売上高は年末商戦への期待につながる良い内容。午前中に300ドル近い下げ幅となりますが、後から買い材料の一つになったと考えています。

〇米中貿易摩擦懸念後退
米中通商協議が進められている中、米国は中国製品に対する新たな関税の導入を保留しているとの報道を受け、米中貿易摩擦懸念が後退。買い材料になりました。

〇値幅調整完了か
----- 前日に書いていたこと -----
高値から1000ドル以上の下落となり大きな節目25000ドルまで下げてきました。普通に考えると値幅調整完了で反発近し。
----- ここまで -----

売り先行で一時は300ドル近い下げ幅となりますが、大きく買い戻されて208ドル高で取引終了。相場環境とチャートを合わせてみると値幅調整完了の可能性がより高まってきました。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25500ドルで、下値は25100ドルになると考えています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
Source: 素人投資家の株日記

スポンサーリンク
おすすめの記事