情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月14日 水曜日

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は、前日比35円高の21846円になりました。
前日の大幅安に伴う押し目買いが先行するも、早々に往って来い。大口売買で乱高下するところもありましたが、比較的落ち着いた値動きのまま35円高で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181114j.png

日経平均 日足チャート
181114j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆4905億円、売買高は14億3201万株。
値上がり銘柄数は756、値下がり銘柄数は1292、変わらずは63銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
16業種が上昇、17業種が下落
上昇率の高い順
電気・ガス、空運、金属、化学、輸送用機器

下落率の高い順
石油石炭、鉱業、サービス、小売、パルプ・紙

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は138、値下がり銘柄数は82、変わらずは5銘柄でした。
上昇率の高い順
東京電力 6.78%高、ソフトバンク 4.71%高、SUMCO 4.45%高、安川電機 4.05%高、日東電工 3.89%高

下落率の高い順
荏原製作所 8.45%安、クレディセゾン 5.69%安、大塚HD 5.19%安、千代田化工建設 4.99%安、丸井グループ 3.76%安

〇GDP速報値は市場予想と一致
7-9月期のGDP速報値は前期比0.3%減、季節調整済み年率1.2%減になりました。
自然災害による影響の為、持ち直しへの期待もあり売り圧力は限定的。寄り付き前の発表ですが、取引開始から19分で180円高まで買われています。

〇アップルショックからの買戻し
前日の相場は、アップルショックで国内のアップル関連株が軒並み大幅安になっていました。米国株ではアップルが続落するも、本日は買戻しが優勢に。安川電機、日東電工、TDK、アルプス電気などが上昇。

〇半導体関連株が上昇
米国株では半導体関連株が堅調でした。
インテルが1.59%高となり、ダウ構成銘柄で上昇率トップ。大幅高ではありませんが、日本の半導体関連株にプラス材料。他、半導体大手では、マイクロンテクノロジーが1.10%高、クアルコム 0.61%安、テキサス・インス ツルメンツ 1.08%高、AMD 3.05%高と概ね好調、フィラデルフィア半導体指数も1.35%高

これを受けて、半導体関連株も大きく売られていただけに押し目買いが多く入ったと思いました。
SUMCO、アドバンテスト、SCREENホールディングスなどが上昇。

〇押し目買い
前日の相場は、一時785円安まで売られた後に459円安。大幅安に伴う押し目買いと、大きく売られた後に大きく買い戻された勢いもあり、取引開始から19分で高値となる180円高の21990円まで買われるところがありました。

〇米国株に対する先行き不透明感
ダウ平均は0.40%安(100ドル安)、ナスダックは変わらず、S&P500指数は0.15%安。米国株の項で書いています通り、2銘柄を除けばダウ平均は28ドルしか下げておらず、ナスダックとS&P500指数と同じ位です。この為、100ドル安から受ける売り圧力はほとんど無かったと思いました。

但し、前日に602ドルも下落しながら反発しなかったことは、日本株への手控え要因になったはず。東証1部の売買代金も2兆4905億円しかありません。

〇米国株が大きく動くのを待っている状態
大きく上昇すれば明日の日本株にもプラス材料。逆に大きく下げれば、本日買われているだけに見切り売りと失望売りが下げに拍車をかける可能性もあり。静かな相場が示す通り、今は米国株が大きく動くのを待っている状態だと考えています。

〇迷いの十字線
上記しています相場環境を示すように、迷いの十字線が出現。
181114j3.png

少し上ヒゲが長いので、「売った方がいいかなぁ、手仕舞いした方がいいかなぁ」と思う投資家が少し多かったのではないかと。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・私の損切りルールを別角度でご説明

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら
Source: 素人投資家の株日記

スポンサーリンク
おすすめの記事