本日はイギリスの超重要指標
≪雇用統計≫
失業率 前回2.6%
平均所得 前回2.7%
失業保険申請件数 前回1.85万件
ILO失業率 前回4.0%
の発表になります。
ここの数値如何によって、その国の景気、労働力、労働生産性まで見えてくる大事な指標です。
見逃すことの無いようにしないといけないですよーヽ(゚∀゚)ノ

f:id:mayumi_binarydays:20181113151946p:plain
今日の指標がどのように動くのか?
ちょっとだけ詳しく書きますよー!!

↓↓この記事が良いと思ったらクリックお願いします♪↓↓

↓↓この記事が良いと思ったらクリックお願いします♪↓↓
にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ

にほんブログ村

 

本日の日本時間18:30にイギリスで雇用統計という大きな指標の発表があります。
為替をやっている人であれば雇用統計と聞くだけでもその重要性は分かる事でしょう。
規模はアメリカほどではないにしろ、非常に重要な事には変わりありません。
ではその雇用統計の内容を書いていきます。

イギリス雇用統計・失業率

・失業率

f:id:mayumi_binarydays:20181113164930p:plain
この雇用統計では大きく分けて失業率、平均所得、失業保険申請件数と3つに分かれています。
その中の失業率も2つに分かれており、失業率、ILO失業率で表されてます。
失業率はそのままですが、ILO失業率「失業率÷労働力人口×100」で計算されて出てくるものです。
この指標の数値が低いほどイギリスにとってポジティブな内容という事となります。

イギリス雇用統計・平均所得

・平均所得

f:id:mayumi_binarydays:20181113164956p:plain
雇用統計内の重要な項目の一つですが、こちらはボーナスを含むイギリスの労働者の平均労働料金を表したものになります。
平均所得が上がる事によってポジティブな内容ということになり為替相場においてもポンドの勝ちが上がってくるものとなります。

イギリス雇用統計・失業保険申請件数

・失業保険申請件数

f:id:mayumi_binarydays:20181113165048p:plain

雇用統計内の重要項目の最後の一つとなります失業保険申請件数ですがこちらはイギリス国内における失業保険申請者数の増減を表したものです。
失業保険の申請数が増えることで労働市場の脆弱さが露見し、消費者支出への悪影響を及ぼします。
こちらの数値は下がれば下がるほどポジティブな内容という事になる為、調べる際には気を付けなければなりません。

上記の点を考慮し、過去の数値や関連している他の指標を調べることで今まで分からなかったところや予測するうえで重要な部分が見えてくる事があります。
そういった点をしっかりと理解することで取り引きでは二手三手も先をいく取引が出来るようになるんです。
どうしてこうなっているんだろうか・・・
なぜこうなるのか・・・
疑問に思ったらまずは徹底的に指標を調べてみましょう!!
ってなわけで何か分からない事などあればお気軽にご連絡下さい!!
あと一時間ちょっとで指標も発表になりますので頑張っていい結果を出せるようにして下さいヾ(o゚ω゚o)ノ゙
では今日も頑張ってやっていきましょう!!(ノ´∀`)人(´∀`*)ノ

私の連絡先

ラインの方はブログ見ましたって言ってもらえないと誰かもわからないのでブロックしちゃうかもしれませんので(*´ω`*)(笑)
それと優先的にメールよりもラインになっておりますので可能であればラインで連絡をください(*'ω'*)

ではよろしくお願いしますねー♪
LINE ID 『79mayumi79

f:id:mayumi_binarydays:20181026144047j:plain
mail 『mayumi_binarydays@yahoo.co.jp

あんまり関係ないけどTwitterもやっていますヽ(´ー`)ノ

 

@mayu_mayumingo』応援してね(笑)
mayumi.osakiインスタもやってみたので良かったら見てね!!
特に面白くもないかもしれませんけど(笑)

連絡待っていますね(*´ω`*)
応援よろしくですっヾ(*´∀`*)ノ

↓↓仮想通貨の情報サイト↓↓初心者な私には結構役にたってます♪
 

ラブラブまた明日っヾ(o゚ω゚o)ノ゙ラブラブ

Source: バイナリーオプション日記~まゆみの投資ブログ~

スポンサーリンク
おすすめの記事