JFXMATRIX TRADER

(米ドル円2時間足)

昨日の東京市場では日本と中国株式市場が上昇したことでドル円は一時109円70銭を付けた。しかし、その後米長期金利が低下したことで金利差縮小によるドル円の売りが強まり109円30銭まで下落。その後買い戻しが入ったもののNY市場で小売売上などの経済指標の悪化を受け109円16銭まで下落した。
その後トランプ大統領が自動車輸入関税発動を延期する計画があるとの報道で一転。NY株式市場も三指数ともに続伸したことでドル円は反発。109円69銭まで上昇したが東京市場で付けた高値に一歩届かなかった。
米中貿易摩擦による報復合戦は依然として続く中で上値も限定的。また、トランプ大統領のFRBに対する利下げ圧力もある中で110円台に入ると売りが強まる可能性が高い。
目先は市場の過度な警戒感が後退する中で109円台の攻防はしばらく続くとみる。
109円前半では買いを入れ後半で売りを出すレンジ取引に徹する。

ドル円予想レンジ:110円00銭(50%)~109円10銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事