情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

5月16日 木曜日

米国株について
ダウ平均は115ドル高の25648ドル。
経済指標の悪化、貿易摩擦、前日の反発に伴った売りなどマイナス要因が重なり、取引開始直後の安値では200ドル近い下げ幅になりました。その後、自動車と部品に対する追加関税を6ヵ月先延ばしにすることが示されると、お昼にかけて急上昇。午後は高値揉み合いのまま取引終了。

米国株 日中足チャート
190516d.png

米国株 日足チャート
190516d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.45%高、ナスダックは1.13%高、S&P500指数は0.58%高。
3指数揃って続伸。

〇S&P500指数業種別動向
8業種が上昇、3業種が下落しました。
上昇率の高い順
通信、情報技術、生活必需品、一般消費財、不動産、エネルギー

下落率の高い順
金融、素材、公益

〇ダウ構成銘柄の動向
24銘柄が上昇、 5銘柄が下落、ユナイテッド・テクノロジーズが変わらず。
上昇率の高い順
ビザ 1.61%高、マイクロソフト 1.41%高、ファイザー 1.21%高、アップル 1.20%高、ウォルト・ディズニー 1.11%高

下落率の高い順
スリーエム 0.62%安、ウォルマート 0.41%安、JPモルガン・チェース 0.38%安、ユナイテッドヘルス 0.15%安、キャタピラー 0.13%安

〇経済指標
・4月の小売売上高は、前月比0.2%減になりました。
市場予想に反して落ち込みました。
3月分は1.6%増から1.7%増へ上方修正、こちらは2017年9月以来の伸びになっています。

・4月の鉱工業生産は、0.5%減になりました。
こちらも、市場予想に反して落ち込みました。
3月分は0.1%減から0.2%増に上方修正されています。

前月と合わせればそれほど悪化していませんが、少し売り材料になったと考えています。

〇反発に伴う売り
前日は207ドル高と反発。これに伴う売りが出たと考えています。
前日に書いていましたが、含み損に耐えていた投資家による投げ売りも出たのではないかと。

〇貿易摩擦絡みで売買逆転
上記しました経済指標の悪化、貿易摩擦、前日の反発に伴った売りなどマイナス要因が重なり、取引開始直後の安値では200ドル近い下げ幅になりました。

その後、輸入自動車への追加関税について6ヵ月先延ばしにすることが示されると、欧州と日本を相手とした貿易摩擦懸念が後退。売り優勢の相場が一転し、午後の高値では200ドル近い上げ幅になるところがありました。

〇貿易摩擦の和らぎ
楽観視は禁物ですが、米国の軟化で摩擦が少し和らいだ印象。
でも、これはいつものパターンで今更材料視するほどでもありません。まず強気に大きく出て、後から少し歩み寄る。価格交渉と同じですね。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は25500ドルで、上値は25950ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
底打ちの先取り
Source: 素人投資家の株日記

スポンサーリンク
おすすめの記事