JFXMATRIX TRADER

(豪ドル円日足)

中国が米国に対して600億ドルの米国製品について関税引き上げを決定したことで米中貿易摩擦激化の様相を呈してきた。中国景気の影響が最も大きい豪ドルにとっては逆風の風が更に強まった。
ボリンジャーバンドの下限に沿ってバンドウォークが続いており下降トレンドは継続するとみる。
次の下値目途としては1月3日のフラッシュクラッシュの翌日の安値となる75円20銭付近で下げ止まるか注目。もし下抜けするようなら1月3日の安値69円ミドル付近まで目立ったサポートはない。

豪ドル円予想レンジ: 76円40銭~75円20銭(2月4日安値付近)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事