(ポンド円日足)

ブレグジットを巡り不安定なリスク通貨のポンドを売って最も安全な通貨である円を買う動きが強まっている。
米中貿易摩擦激化を背景にポンド円の売りが強まっている。
EUからの離脱問題が長期化する中で昨年末から年初にかけて世界的な株暴落への恐怖感が蘇ってきたようだ。
この時もポンド円の下落幅は他の主要通貨と比べて相対的に売られたことが記憶に残る。
ただ、市場のセンチメントが変われば一気に上昇する可能性もあり深入りは危険。
一先ず61.8%戻しとなる140円後半は強いサポートとして意識されることから一旦は買いを入れておきたい。

ポンド円予想レンジ:142円20銭~140円80銭(61.8%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事