JFXMATRIX TRADER

情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

5月13日 月曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、153円安の21191円になりました。
引き続き、米国による対中関税引き上げに伴う警戒感から売りが先行。取引開始から10分ほどで安値となる217円安に。前場は107円安まで戻しましたが、後場に入ると再び売り優勢に。安値は割り込まなかったものの、戻る力は弱く153円安で取引終了。

日経平均 日中足チャート
190513j.png

日経平均 日足チャート
190513j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆3616億円、出来高は14億2097万株。
値上がり銘柄数は589、値下がり銘柄数は1491、変わらずは60銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
9業種が上昇、24業種が下落
上昇率の高い順
石油・石炭、食料品、陸運、輸送用機器、ゴム

下落率の高い順
その他金融、鉄鋼、パルプ・紙、非鉄金属、金属

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は78、値下がり銘柄数は144、変わらずは3銘柄でした。
上昇率の高い順
ディー・エヌ・エー 14.44%高、日立造船 8.71%高、太平洋金属 7.03%高、クボタ 6.93%高、三井E&Sホールディングス 6.35%高

下落率の高い順
東ソー 6.62%安、東宝亜鉛 6.57%安、神戸製鋼所 5.12%安、SCREENホールディングス 5.08%安、IHI 4.98%安

〇米国株の大きな戻しは焼け石に水
2日続けて25500ドル付近から大きく買い戻されています。
前週末は、安値から473ドルも戻して114ドル高。
底固さが感じられる相場は日本株への買い材料になりますが、本日は焼け石に水。売りが先行し、取引開始から10分ほどで200円超の下げ幅になりました。

〇米国による対中関税引き上げに伴う警戒感
引き続き、これが大きな売り材料。
米中貿易問題を嫌気した海外勢が、日本株を売り出しています。

〇令和に入っても下げ止まらず
令和に入ってから上昇する日が1度もなく、5日続落。その1日前から下げているのでトータルでは6日続落。
幸先良いスタートを期待しましたが、やはり相場に期待は禁物。下げ幅も1000円を超えました。

〇景気動向指数も売り材料に
内閣府は、基調判断をこれまでの「下方への局面変化」から「悪化」に引き下げました。
「悪化」の表現は、2013年1月以来で6年2ヶ月ぶり。

4月の月例経済報告では、「緩やかに回復している」と判断されていただけに、ネガティブサプライズ。

〇テクニカル的には割安ですが・・・
割安感を示す指標は多くなっていますが、下げっぱなし。

テクニカル分析を過信しないように注意しましょう。
テクニカル分析は過去のデータを元に算出しますので、今の外部環境を含んでいません。当然、過去と現在では外部環境が全く違う為、アテにならないことも多々あるのです。

投資経験の浅い方は、まず最初にテクニカル分析を勉強されると思うので、とくに注意しましょう。知ったら利用したくなるのが普通の心理。でも、それを過信して売買すると危険です。私も、昔はテクニカル分析を過信して負けが多くなりました。今は重要視しますが、過信することはありません。

〇今は業績と株価
今、重要視しなければいけないのは業績と株価水準だと思っています。
いつも大切なことですが、とくに下げっぱなしの相場では重要で、自分なりの見極めができると安心感につながります。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
買ったらドンと構えて保有
Source: 素人投資家の株日記

スポンサーリンク
おすすめの記事