JFXMATRIX TRADER

(ポンド円日足)

先週は英地方選で与野党が惨敗したことで両党が離脱案で妥協するのではといった観測がポンド買いを促した。一方、メイ首相退任圧力が強まる中で英国政治不安がポンドの足枷となっている。
英国は今月23-26日に行われる欧州議会選挙に参加することを表明したことで離脱時期が更に先送りされるとの見方が広がった。しかし、メイ首相は英議会が夏季休暇に入る7月後半前に目指すとしたが依然として不透明感が広がる。
そんな状況下で先週は米中貿易戦争激化による円高が進みポンド円はこれまでの強いサポートとして意識されていた143円70銭を割り込み142円25銭まで下落。一旦勝負ありかと思われたが週末に買い戻しが入った。
今週はこの買い戻しの動きが続きこれまでのサポートレベルであった143円70銭を上抜くか注目。
もし、上抜けないようなら再び142円25銭割れから一段の下落が予想される。
反対に上抜くようならショートカバーを巻き込み145円台も視野に入る。

今週のポンド円予想レンジ:145円00銭(BB中心、61.8%)~142円50銭(5月10日安値、BB下限)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事