JFXMATRIX TRADER

(米ドル円日足)

先週末の東京時間に米国が中国に対して関税引き上げを実際に実施。市場は既に織り込み済みということから材料出尽くしでドル円は上昇に転じた。
先週は日本の連休最後の月曜日にトランプ大統領の関税引き上げ発言から円は一気に上昇。結果的にドル円は109円48銭を2度付けたことで短期的なダブルボトムを付けた格好だ。
今後も米中協議は継続されることからすぐに追加関税引き上げ実施はないとみられるだけに、ドル円ショートポジションの巻き戻しは今週も継続されるとみる。
但し、月曜に3250億ドルの新たな制裁品目の詳細を公表することで一時的な円高が予想される。
また、今週発表される米経済指標とその結果に対してNY株式市場がどう反応するかに注目。
NY株式市場が底堅い動きを見せるようなら、過度なリスク回避の動きが後退したと判断され111円を試すと予想する。
このレベルはトランプ発言で急落する前のレベルでもあり意識される。

今週のドル円予想レンジ:111円00銭(50%、雲の上限)~109円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事