スポンサーリンク

プロディーラーの生の為替情報に触れた投資手法とは?

 

登場人物 


Fさん

FX初心者脱却を目指す方向けにプロの手法を紹介する第7章の第2回目は「プロディーラーの生の為替フローに触れた取引手法の紹介」という講義でしたね。

 

例としてあげられているドル円のレートが1ドル=89円台ですから相当昔に書かれた記事のようですね。

 

しかし、今回の記事ではプロのディーラーのトレード手法が手に取るように分かり非常に勉強になりました。

 

日本の機関投資家が買いを入れてきたのが朝の6時半ですから前回の先生の講義にあったように、プロのディーラーは朝から晩まで相場に張り付いているのがよく理解できました、張り付いていなく知識も感も経験も劣る個人投資家が敵わないのは当たり前ですね。

X君

そうですね、やはりプロは判断力も凄いけど早起きされるなど努力もされているのだな〜と思いました、外資系証券の朝が早いのは聞いていましたが、邦銀でも同じなのですね。

 

僕にはとっても真似できないです

 

スポンサーリンク

海外勢のオーダー状況情報を利用して機関投資家に恩を売りながら自分が儲ける!

 

また、銀行のディーラーが、今井先生の「FX初心者必見!3タイプの銀行ディーラの比較と投資顧問、投資信託等」にあった解説からするとカスタマーディラーがプロップディーラーに情報を渡しているということなのでしょうが、機関投資家に海外勢のオーダー状況を教えて彼らの元々の希望の1ドル=89円近辺でなく、その少し上値である89.10円に買いの指値注文を入れさせたのは流石ですよね〜。

 

そうやって89.10円を固くしておいて銀行の仲間であるプロップディラーが1ドル=89.15円~89.20円(平均買値1ドル=89.17円)でドル買いをできるように手助けしながら、顧客である機関投資家からも89円近辺でなく、その少し上値である89.10円でポジションを持てるような情報を与えて感謝される、今井先生のようなプロップディーラーだけでなくカスタマーディーラーも凄いのだと初めて分かりました!

 

Fさん

なるほどそこですか、私は銀行がうまく立ち回って儲けているのだなとしか思いませんでしたが、確かにプロップディーラーは機関投資家との会話をしていないのですから仲間のカスタマーディラーが情報を流してくれたということですね。

 

X君もだんだんわかるようになると思いますが、やはり仲間と普段から仲良くしていないとこういう時に優先して情報をもらえないので職場づきあいは必要ですよね、それとこの例にあるような優秀な人に目をつけておくことも

 

機関投資家の買い注文だけでなくチャートからも判断してエントリー!

 

私が勉強になったのは、この今井先生だと思われる銀行のディーラーが前日から1ドル=89円を割れたのは一度だけでそれも長い下ヒゲをつけているいうチャートからの情報も考慮してエントリーしていることです。

 

FX初心者はファンダ、テクニカル、曲がり屋と反対の行動の3つで勝利!」などにあるように今井先生は一つではなく少なくとも二つの情報が重なった時にエントリーすべきと何度も述べられています。

 

今回のケースでは機関投資家の買い注文と海外勢のオーダー状況の噂、そしてチャートの三つが重なったので自信を持って買いに入れたということですよね

 

今回のプロの生情報フローなどは個人投資家では手に入らないので真似することはできませんが、ファンダメンタルズや曲がり屋と反対の行動をすることが、機関投資家の買い注文と海外勢のオーダー状況と入れ替わっただけで、基本は一緒なのだと気付けてよかったです!

 

X君

ポジションの半分だけ決済して残りの半分は残すのがプロ!

そうですね〜、基本はいくつかの要因が重なった時にエントリーすべきでそうでないときはノーポジにすべきだと先生はおしゃりたいのでしょうね。

 

それから過去24時間の高値だった、しかも上髭をつけている1ドル=89.555円の少し手前、1ドル=89.50円で保有ポジションの半分の1億ドルを決済とありますけど、ここで半分しか決済しないのが、プロの為替ディーラーなのだな〜と思いました、僕なら全て決済してそうです

 

残りの半分はその前日の高値を目標にするのですね、収益計算も出ていますが、逆指値がついてもマイナス700万円、指値で売れたらプラス6800万円となり、その時点の半分の決済で利益が3300万円ですから全て決済するとさらに3300万円の利益です。

 

全て決済して6600万円の利益を出すことで満足せず、3300万だけ利益を出しておいて、うまくいけば1億100万円の利益、行かなくても2600万円の利益が出るのならば、ここは当然半分だけ決済となるのでしょうが、ここで前日の高値に遡ってエグジットポイントを決めるまでは初心者には無理ですよね〜。

Fさん

ああ、私には絶対無理ですね、間違いなく全て決済してしまうはずます(笑)

 

今回の講義はFX入門者はもちろん、初心者の方には難しかったのではと思います。

 

FXは様々な参加者の思惑で動いている!

 

最後のパラグラフで今井先生がFXは様々な参加者の思惑で動いていると書かれていますが確かにそうですよね

 

FX初心者はプロのようにリターンよりもリスクを重視すべき!」で書いたように、5月3日の夜になぜだか分からないけれど111.2円台でドル買いをしたら5日夜のトランプ大統領の突然のツイートで6日月曜日はアジア株と米国株先物が大幅に下落し、ドルも大きく下げたわけです。

 

変に下げる時は何かあるわけで、トランプ大統領のツイートが事前に漏れていたとかありえますよね。

 

米国株も2018年末から急回復していて最高値を更新していたわけですから、一度下げてからまた買える方が皆がハッピーですよね、そうした誰かの思惑に動かされた発言だったというのもありうるのかもと疑いたくなります。

 

何か変だなと思いながら買ってしまった私はやはりいい加減ということですよね、せっかく相場感教えてくれたのに、買わなかったX君は凄いです。

X君

はい、先生の仰るように一個人の力など知れているのであっという間に流れに巻き込まれてしまいますよね。

 

特に3日は週末でしたし、特にGWで1週間日本の株式相場が休みだったわけなので、警戒しなくてはならないのは当然だったと思いますけれど。

 

僕は基本週末ノーポジなので買おうとは思えませんでした、月曜日に久しぶりにエントリーできたのもこのスタイルを貫いていたからかなと。

 

Fさんも相場感ががせっかく当たったようなのに長いお休みで週末だということを忘れていたのではないのですか?

 

やはりまだ適当にポジションを持つことが治っていないのかもしれないですね、頑張ってください!

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!

Source: FX常勝方程式国会議員今井雅人〜FX 初心者の口座比較や入門書に〜

スポンサーリンク
おすすめの記事