press-1182396_960_720

■寄り付き状況
米市場は前日までの下落後で押し目買いが先行し、
一時は150ドルあまり上昇したが、
米中貿易協議決裂への警戒感は根強く、
引けにかけ上げ幅をほぼ消した。

今回の関税引き上げは米国でも日用品の値上がりに繋がるので、
米経済頼みの綱の消費にも影響が出てくるが、
それよりも中国経済、世界経済に影響は大きく、
世界景気後退が懸念される。

日経平均始値は前日比109円68銭安の2万1492円91銭と続落。
その後も警戒感の強い展開が続いている。

■個別材料 
ソフトバンク(9434)ヤフー(4689)4500億円で子会社化
ホンダ(7267)今期販売目標下げ、異例の8年ぶり方針
スカパーJ(9412)傘下、Jスコア、「情報銀行」個人に対価、事業化相次ぐ
日産自(7201)ゴーン元会長妻「オマーンルート」関与否定
日産自(7201)中期計画下方修正へ、ゴーン元会長の拡大戦略を転換
第一生命HD(8750)など大手生保、増配相次ぐ
シャープ(6753)銀行保有の優先株取得へ 
双日(2768)30年までに石炭権益を半減
マツダ(7261)ロータリーEV延期、コスト面など壁

■決算情報
三井物(8031)今期純利益最高に
ワークマン(7564)今期単独税引き益11%増 
スクリン(7735)今期営業益11%減 
富士フイルム(4901)前期営業益70%増、11年ぶり最高
ディスコ(6146)前期純利益22%減
シスメックス(6869)前期最終最高益
丸和運機関(9090)前期純利益28%増
ワールド(3612)前期純利益36%増、2期ぶり最高
不二製油G(2607)前期純利益16%減 
三越伊勢丹(3099)前期最終黒字に転換 
マルハニチロ(1333)前期営業1割減益
いすゞ(7202)前期営業1割増、5年ぶり最高益 
横河電(6841)前期最終32%増益、年配2円増
IHI(7013)前期営業益14%増 
ヒロセ電(6806)前期最終6%減益 
SUMCO(3436)1~3月最終3%増益 
AGC(5201)1~3月純利益37%減 
アサヒ(2502)1~3月最終3%増益 
協和キリン(4151)1~3月最終63%減益 
サントリBF(2587)1~3月純利益48%減 
アシックス(7936)1~3月純利益18%減
パンパシHD(7532)7~3月最終36%増益 

■決算発表予定銘柄   
ソフトバンクG (9984)
三菱商事 (8058)
ダイキン工業 (6367)
テルモ (4543)
キリンH (2503)
パナソニック (6752)
塩野義製薬 (4507)
住友商事 (8053)
日本製鉄 (5401)
NTTデータ (9613)
三菱重工業 (7011)
丸紅 (8002)
バンダイナムコH (7832)
小野薬品工業 (4528)
ヤマハ (7951)
など全289社
有料会員入会のご案内


Source: 株式投資特選情報~兜町天気予報~

スポンサーリンク
おすすめの記事