JFXMATRIX TRADER

(ユーロ円日足)

早朝にムニューシン財務長官やライトハイザーUSTR代表が関税引き上げに積極的な発言をしたことで円買いが進みユーロ円は124円を割り込んで始まった。その後買い戻しが入ったものの上値が抑えられた。
NY市場では株式市場が三指数ともに大きく下落して始まったことでリスク回避の円買いが進みユーロ円は下落幅を拡大。
また、この日欧州委員会が四半期経済予測で今年と来年のユーロ圏景気見通しを下方修正したことでユーロ円はこの日の安値となる123円12銭まで下落した。
その後引けにかけて123円ミドル付近まで買い戻されたが上値の重い展開が続いている。
ボリンジャーバンドの下限に沿って下落しており、今日も下落するようならバンドウォークに入った可能性もある。
下値目途としてはフラッシュクラッシュの翌日1月4日の安値122円60銭付近が意識される。

ユーロ円予想レンジ: 123円90銭(38.2%)~122円60銭(1月4日安値)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事