(ポンド米ドル日足)

先週はBOEとFRBの金融政策の違いがポンドを押し上げたがその反動の売りが先行。
週明けシドニー市場ではトランプ大統領の対中制裁発言でポンド円の売りが先行したことでポンドドルも下落してスタート。その後買い戻しが入ったが先週急速に買われた反動もあり戻り売りの動きが強まった。
昨日は英国が休場ということもありポンドの取引自体が薄商いとなっていたこともポンド売りを促したと思われる。
しかし、NY株式市場が下落し米長期金利が低下したことでポンドも下げ止まった。
連休明けとなるロンドン市場では依然としてポンド買いの勢いが強いことから押し目を狙った買いを入れてみたい。

ポンドドル予想レンジ: 1.3170(BB上限)~1.3050(38.2%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事