(米ドル円日足)
USD_JPY_201900503_hiashi.jpg
FOMC後にドルが買われた流れを継いでアジア市場でドル円は堅調な地合いでスタートした。しかし、中国や日本が休場で薄商いのなかすぐに押し戻された。
NY時間に中国が「米中協議が行き詰まった可能性」と報じたことでNY株式市場が下落。それに伴いリスク回避の円買いが進むとドル円は111円38銭まで下落した。
一方、FOMC会合で利下げ期待が後退したことから米長期金利が上昇したことでドル高の動きも進みドル円は結果的に111円ミドルを挟んでの小動きが続いている。
今日は米雇用統計の発表があるが、予想通りであればドル円は底堅い動きが予想される。日本の大型連休中に円高が進むとの見方が多く聞かれたことでドル円ショートポジションに傾いている可能性が高い。
結果的に円高が進まなかったことでドル円の買い戻しが週末のNY市場で強まると予想する。

ドル円予想レンジ:112円05銭(4月26日高値)~111円10銭(BB下限、50%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事