(米ドルトルコリラ週足)

昨日開かれたトルコ中銀政策会合では現行の24%を予想通り据え置くことを決定。
しかし、声明文では前回の「必要なら更なる金融引き締めの用意がある」との文言が削除されたことで市場は利上げに消極的との見方が広がった。
発表後ドルリラは5.9から一気に5.9853まで上昇した。その後は高止まり状態となっている。
リラ防衛のためには金利を高く維持したいところだが景気回復を狙うエルドアン大統領は金利を引き下げたいとの思惑が伺える。
中銀はリラの下落に伴い既に大規模介入を実施し外貨準備高も減少する中でリラ安の動きは今後更に強まる可能性が高いとみる。

ドルトルコリラ予想レンジ:6.1640(50%)~5.9000

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事