(ユーロ米ドル週足)

ユーロの下げが止まらない。ドイツの景気減速懸念が高まる中で昨日はドイツ銀行とコメルツ銀行との経営統合交渉が破たんしたこともユーロ売りを促したとみられる。
また、ドイツの長期金利が低下し米長期金利が上昇に転じたこともユーロドルの売りを加速させた。
週足チャートでのボリンジャーバンドを見ると中心線の下降トレンドが継続。
戻り売りスタンスで臨みたい。
ただ、ユーロ円の底値が近づいており、下げ止まるようならユーロドルもそろそろ終盤に近づいている可能性が高いとみる。

ユーロドル予想レンジ: 1.1200~1.1050

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事