JFXMATRIX TRADER

取材、インタビュー

トレイダーズ証券の井口喜雄部長に南アフリカランド円の今後の為替見通しを聞いたよ♪

当ブログでトルコリラ・メキシコペソに次ぐ人気第三位の南アフリカランド。

その南アフリカランド円スワップポイントランキング第一位のトレイダーズ証券の「みんなのFX」「LIGHT FX」

そのサービス提供・運営会社であるトレイダーズ証券の井口喜雄部長に南アフリカランド円の今後の為替見通しを聞いてきました!

レバレッジ3倍でも年利回り換算で20%を超える南アフリカランド。

気になるのは今後の行く末・見通し。

いったい南アフリカランドはどうなるのだろう?

南アフリカランドは上がるの?下がるの?
(あくまでも現時点での予測・見通しです)

これはやはり専門家に話を聞いてみなければ!

よっし、トレイダーズ証券にインタビューだ(笑!

スポンサーリンク

南アフリカランドのまとめ

忙しいあなたに、もうまとめますね(笑

南アフリカランドまとめ

  • 内的要因はネガティブ材料
  • 外的要因はポジティブ材料
  • 新興国通貨暴落時はつられて暴落しやすい
  • しかし南アランドは暴落しても値を戻してきている
  • そこの指値で安く買えれば…
トレイダーズ証券みんなのFXトルコリラ

スポンサーリンク

南アフリカランド今後の為替見通し

サトウカズオサトウカズオ

トレイダーズ証券さんは、そのスワップポイントの高さから当ブログで”No.1″の人気FX会社さんとなっています。

いつもありがとうございます。

当ブログでも人気の高い南アフリカランドの今後の為替見通しについてお聞かせいただければと思います。

以後はトレイダーズ証券の井口喜雄市場部長とのやり取りとなります。

よくyoutubeや雑誌で見る人だ―!

よろしくお願いします♪

以後、口語体の文章になりますので、会話していると思って読んでくださいね♪

トレイダーズ証券の井口部長

トレイダーズ証券の井口喜雄市場部長

トレイダーズ証券市場部所属の認定テクニカルアナリスト。

1998年よりディーリング業務に携わり、2009年からみんなのFXに在籍。

ドル円や欧州通貨を主戦場にディーリング業務を行なっています。

ファンダメンタルズから見た為替分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評があります。

公式Twitterはフォロー必須!

南アフリカランドのネガティブ材料

トルコリラ円スワップFXブログ-心配・悩み

格付け問題

2019年の南アフリカランドのネガティブな材料としては、まずは格付け問題が挙げられます。

S&Pとフィッチは既に、南アフリカの格付けを投機的等級(ジャンク級)に引き下げています。

ムーディーズは現在、投資適格級で最低水準となる「Baa3」、見通しを「安定的」としていますが、格下げの方向となるのが自然だと思っています。

国営企業救済目的での債券発行による財政問題がネックとなるでしょう。

電力問題

引き続き電力供給問題も深刻です。

この電力供給が改善されない限り南アフリカ経済の回復・成長、そして経済成長に大きく寄与する南アフリカへの外国企業による進出もままならず、逆に外国資本の逃避につながる懸念も指摘されています。

政治的問題

また政治的問題も収まっていません。

ズマ前大統領からラマポーザ大統領に代わり期待されましたが、結局何も変わっていません。

汚職も相変わらず深刻です。

既に政権不安の話もあり、良い話を聞きません。

南アフリカランドのポジティブ材料

トルコリラ円スワップFXブログ-好数値高評価

上記通り、南アフリカの内的要因はネガティブ材料となっていますが、これは言ってしまえば今まで通りです。

逆に外的要因は期待できます。

何故かと言うと南アフリカ経済に大きく関係する貿易相手国である中国・アメリカ経済が、かなり持ち直してきていることが挙げられます。

これは南アフリカランドにとってプラス材料となります。

またアメリカの利上げ停止(2019年のアメリカの利上げ予測は0回)は新興国経済・新興国通貨にプラスに働きます。

当然南アフリカランドにとってもプラスです。

正直に言うと南アフリカの経済指標では南アフリカランドでは動きません。

市場も南アフリカの経済指標より、世界的なリスクオン(リスクを取ってでもリターンを得る状況)・リスクオフ(リスク回避=リターンは低くてもリスクを取らず安全な金融商品が選ぶ状況)の流れを見ています。

世界経済が崩れない限りは(もっとはっきり言えば中国・アメリカ経済が崩れない限りは)、南アフリカ経済・南アフリカランドも崩れる心配はないと思っています。

南アフリカランドの投資戦略

基本的には、安値で買って高値で売る、です。

今の価格でいうと、1南アフリカランド=7円台半ばで買えればと思います。

日本の連休中を狙った投機筋・短期筋による仕掛けや、トルコ政局によるトルコリラ暴落があると、新興国通貨…特に南アフリカランドもつられて南アフリカランドも暴落します。

そこを指値で底値辺りで買えれば…と思いますし、そこを狙うのは十分理に叶っています。

トルコリラは値を戻すかどうか分かりませんが、南アフリカランドは(直接の原因ではないので)値を戻すでしょうしね(笑

あとは新興国通貨全体に言えますが、ロスカットされないようレバレッジを低めに、資金管理を十分に行うことです。

南アフリカランドに限らず、新興国通貨では行き過ぎた(暴落した)タイミングを好機と捉えられるような余裕を持ったトレードをすることが大事になってきます。

レイダーズ証券【LIGHT FX】

サトウカズオの投資法

今回はトレイダーズ証券の井口喜雄市場部長に、南アフリカの今後の為替見通しについてインタビューさせていただいました。

井口部長、ありがとうございます。

南アフリカランド…、昔は値動きの激しい通貨でしたが、今ではその役目をトルコリラに譲り(笑)、比較的安定している(?)通貨となっていますね。

政策金利も高く、これまたトルコリラと違い大きく下落しても値を戻している!と言うのも南アフリカランド投資家にとっては心強い限りでしょう。

1南アフリカランド=7円台前半…とは言いませんが、7.5円くらいで買えれば、美味しいかな…っと(笑

お金は失うのは簡単ですが、得るのは難しいものです。

大切な自分のお金です。

ロスカットにならないよう資金管理をしっかりと行えば、その分リターンとして返ってくる通貨だと思います。

(1南アフリカランド円為替見通しブログの1管理人の予想の感想です)

サトウカズオは、1年-2年で南アフリカランドの運用を止めようとは思っておらず、長期運用をしていこうと思っていますので、5年-10年くらい先に南アフリカランド高円安になっていれば、それで良いです(笑

その間にはスワップポイントも多く貰えるでしょうしね(笑

サトウカズオの保有資産状況はTwitter @tryjpyFXや、このトルコリラとメキシコペソのFXブログで公開しているので、気になる人は見てくださいね♪

今回、トレイダーズ証券にお伺いして、南アフリカランドの今後の為替見通しなどを聞きました。

これを機に、南アフリカランドへの投資を検討されてはいかがでしょうか(笑

タイアップで当ブログ経由からだと最大53,000円です♪

トレイダーズ証券さんで是非に!と言いたいですが、皆さんが投資するFX会社に選ぶかと言えば、それとこれとはまた別のお話でしょう。

南アフリカランド円取り扱いFX会社を選定する際にとても重要な最新の南アフリカランド円スワップポイント比較ランキングを作成していますのでを見てくださいね♪

南アフリカランドの政策金利は(2019年4月25日)現在6.75%!

高金利通貨として人気のオーストラリアドルニュージーランドドルなどの他の高金利通貨に比べてもスワップポイントが高く、大きな見返りが期待できる魅力が人気となっています。

この記事を見られているってことは南アフリカランドに興味があるってことですよね?

気になるなら悩むよりも時間を味方に、早く始めることが重要だと思います♪

南アフリカランド円スワップポイント複利積立投資は本当におすすめですよ♪

Source: トルコリラ/メキシコペソFXブログ

スポンサーリンク
おすすめの記事