(米ドル円2時間足)

ドル円の膠着状態はイースター休暇明けでも変化が見られなかった。
東京市場が始まったところでドル円の纏まった売りが入ると111円65銭まで下落。下院司法委員会のナドラー委員長が「トランプ大統領のロシア疑惑について議会で調査を進め事実を見極める」との報道がきっかけとみられる。
しかし、111円65銭はこの10日間のレンジの下限でもありフィボナッチ38.2%戻しとも重なり下げ止まった。
その後ユーロやポンドが下落したことでドル買いが強まり112円台を回復したものの直ぐに押し戻された。クロス円の売りが円買いを促したためとみられる。
結局ドル円は112円20銭から111円65銭のレンジ内での動きをブレイクできなかった。
しかし、NY株式市場の楽観的なセンチメントは続いておりドル円の上振れリスクの方が高いとみる。
レンジの下限付近では買いを入れておきたい。

ドル円予想レンジ:112円20銭~111円65銭(38.2%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事