(豪ドル米ドル日足)

東京時間に発表された豪州3月新規雇用者数は2.57万人と予想の1.2万人を上回ったことで豪ドルは0.7195まで上昇。しかし、直ぐに押し戻されるなど上値の重さが意識された。その後はユーロの下落などに攣られてNY市場ではこの日の安値となる0.7137まで売り込まれた。
今日から始まるイースター休暇を控えたポジション調整とみてよいだろう。
中国の景気減速懸念の後退などから豪ドル上昇トレンドは継続するとみている。
調整売りが出ただけに、休み明けは再び買いが強まる可能性もあり豪ドルロングがあればそのままキープしたい。

豪ドルドル予想レンジ:0.7180(61.8%)~0.7130(BB中心線)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事