JFXMATRIX TRADER

ユーロが下落するとドル全面高となるなど、イースター連休を控えポジション調整と思われる動きが強まった。
昨日の東京市場では日経平均株価の下落に併せて円買いの動きが強まりドル円クロス円ともに上値の重い展開で推移。欧州市場に入りドイツやフランス、そしてユーロ圏の製造業PMIがそれぞれ予想を下回ったことからユーロが対ドル対円で急落。この動きに合わせるようにクロス円が全面安となりドル円も111円77銭まで下落。しかし同時にドルが全面高となったことからドル円の下値も限定的となった。
一方NY時間に発表された米3月小売売上が1.6%と予想の0.9%を大きく上回った事でドル買いが一段と進みドル円は112円台を回復。
しかし、その後発表された4月製造業PMIが52.4と予想の52.8を下回るとドルの売り戻しが入るなど往って来い。
NY株式市場は三指数ともに小反発。一方10年債利回りは低下するなど各市場まちまちの動きが目立った。
結果的に今日から始まるイースター休暇前のポジション調整が入ったとみられる。
為替市場では全般にドル高円高となり結局ドル円は112円を挟んでの小幅な動きにとどまった。
週を通してみると殆どポンド以外の主要通貨は対ドル対円で往って来い。
大きな動きは見られず休暇を控え最終的にポジションの巻き戻しがみられた。
今日は東京市場以外の主要な市場が休場ということから開店休業状態となる。
本日のNY時間には住宅着工件数や許可件数の発表を控えるが、薄商いの中で上下に振れる可能性もあり注意したい。
休むも相場という諺通り静かにしておいた方がよさそうだ。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事