(ユーロ米ドル日足)

欧州時間にユーロは下落に転じた。
ドイツの4月ZEW景況感が予想を上回った事でユーロ買いでスタートした欧州市場だが、その後すぐに下落に転じた。
ECB理事会内で経済予測モデルの正確性を疑問視するとの報道に反応。
2019年後半に成長が持ち直すとの見通しに楽観的過ぎると懐疑的な意見が出たことがユーロ売りを誘った。
その後NY市場で米長期金利が上昇したことからユーロ売りが一層強まった。
1.1270付近はボリンジャーバンドの中心線やフィボナッチ38.2%戻しでもあり強いサポートとして意識される。
このレベルを下抜けるようなら1.1240付近までの下落も視野に入る。
しかし、週末にはイースター休暇を控え下値も限定的とみており、その買い戻しのチャンスを狙いたい。

ユーロドル予想レンジ:1.1320~1.1270(BB中心、38.2%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事