(ポンド米ドル日足)

4月12日の期限を控え10日からEU臨時首脳会議が始まった。メイ首相は6月末までの延期を要請しているがトゥスク大統領は9か月から1年の延期を要請。合意無き離脱回避を狙う。最終的に市場は延期されるようなら一先ず目先ハードブレグジット懸念は後退とみてポンド買いに動くとみる。
しかし、いずれにしても離脱混乱は今後も継続することからポンドの上値も限定的となる。
目先はボリンジャーバンドの中心線でもありフィボナッチ38.2%戻しとなる1.3140か、半値戻しの1.3180が上値目途として意識される。

ポンドドル予想レンジ: 1.3180(50%)~1.3050

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事