(米ドル円日足)

米欧貿易摩擦激化への懸念から東京市場でドル円は111円付近で上値の重い展開が続いた。
来週からは日米貿易交渉が再開されるなかで日本にも圧力がかかるとの思惑がドル円の上値を抑えた。
また、この日はFOMC議事要旨の公開やブレグジット期限を巡る不透明感も円高リスクとして意識された。
NY時間に発表された米3月CPIが予想を上回った事でドル円はこの日の高値となる111円28銭を付けたがその後は下落に転じている。
ECB理事会がハト派的な内容となりドイツ長期金利が低下し米長期金利も攣られて低下したことがドル円の売りを誘った。
FOMC議事要旨が公開される直前には110円85銭まで下落。一目の雲の上限が意識され、下げどまった。
市場全体に過度な警戒感は後退しており円高材料も市場は大分織り込み始めたことで、そろそろ反発のチャンスを狙いたい。

ドル円予想レンジ: 111円40銭~110円80銭(50%、基準線)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事