情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

4月10日 水曜日

米国株について
ダウ平均は190ドル安の26150ドル。
欧州との貿易摩擦懸念から、取引開始直後に250ドル近く下落。お昼ごろには100ドルほど下げ幅を縮小させますが、午後は再び売り優勢になってしまい、190ドル安で取引終了。

米国株 日中足チャート
190410d.png

米国株 日足チャート
190410d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.72%安(190ドル安)、ナスダックは0.56%安、S&P500指数は0.61%安。3指数が揃って大きく下落。S&P500指数は9営業日ぶりの反落。

〇S&P500指数業種別動向
2業種が上昇、9業種が下落しました。
上昇率の高い順
公益、通信

下落率の高い順
資本財、エネルギー、一般消費財、金融、素材、情報技術、ヘルスケア

〇ダウ構成銘柄の動向
4銘柄が上昇、 26銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ウォルト・ディズニー 1.65%高、コカ・コーラ 0.26%高、マクドナルド 0.12%高、ユナイテッドヘルス 0.02%高

下落率の高い順
キャタピラー 2.48%安、ダウ 1.54%安、ボーイング 1.46%安、スリーエム 1.42%安、ホームデポ 1.30%安

〇欧州との貿易摩擦懸念
トランプ大統領がツイッタ―で、EUからの輸入品に1.2兆円の関税を課す用意があると投稿。EUも報復関税の準備に入ると示し、欧米の貿易摩擦が懸念材料となり売り優勢に。

〇貿易摩擦懸念はしばらく続く
中国、欧州、日本、順番に貿易摩擦問題がやってきます。
3ヶ国を相手に合意されないまま進む予定なので、懸念はしばらく続きそう。即ち、株売り材料としてもしばらく続く。

〇調整(下落)は時間の問題でした
前日の相場では、売られた後に戻す強さを見せましたが、直近の短期急騰を見れば調整必至。S&P500指数も8営業日続伸していましたので、こちらもいつ調整してもおかしくない状況でした。

急ピッチな上昇に対する高値警戒感ある中で、利益確定しておきたい投資家が「欧州との貿易摩擦懸念」をキッカケに売り出したと考えています。

〇程良い値幅調整
比較的大きく下げましたが、想定範囲内。貿易摩擦懸念でしばらく売られるかもしれませんが、25500ドルから26000ドルまでの間なら不安は広がらないと考えています。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は25900ドルで、上値は26300ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・株価訂正の先取り投資法
~ 不自然な売られ方は、やがて訂正される ~
Source: 素人投資家の株日記

スポンサーリンク
おすすめの記事