JFXMATRIX TRADER

(ユーロ円日足)
EUR_JPY_20190408_hiashi.jpg
(ユーロ米ドル日足)

3月22日に発表されたドイツ製造業PMIが予想を大きく下回ったことで欧州景気減速懸念が広がりユーロドルはその後1.1184まで下落した。先週発表されたドイツのサービスPMIは予想を上回ったことでユーロは一先ず下げ止まった。
その後公開されたECB議事要旨では一部で利上げ時期が来年3月という意見も聞かれたものの反応はみられなかった。
ここにきて景気減速の要因でもあった中国経済指標の改善がみられる中で今週はECB理事会が開かれる。
改めて景気見通しの下方修正や利上げ時期先延ばしの可能性が示されたとしても大分市場は織り込み始めておりユーロの下値は限定的とみる。寧ろ、材料出尽くし観からの買いが入る可能性が高い。
対ドルでみると1.11後半で跳ね返されたことで目先ダブルボトムが意識される。
リスクオン継続とみられる中で今週はユーロ円上昇を見込んだ押し目買いスタンスで臨みたい。

今週のユーロ円予想レンジ:126円60銭(76.4%)~124円80銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事