(米ドル円日足)

先週のドル円は週初から中国PMIが50を上回った事で世界的な景気減速懸念が払しょくされ上昇してスタート。世界的な株価の上昇を受けリスクオンの円安が進み緩やかな上昇が続いた。
週末の米雇用統計は雇用者数が増加したものの賃金の伸びは鈍化したことでドル円はいったん上昇し直ぐに押し戻された。
111円80銭付近は3月20日のFOMC会合でドル円が下落する前のレベルでもあり意識された。
先週は中国PMIの結果を受け過度な景気減速懸念が後退。ゴルディロックス相場のスタートとの見方も聞かれる。
今週も日米欧、そして中国株式市場の堅調な地合いが継続されるとみており、ドル円は112円を試す展開が予想される。
112円付近にはボリンジャーバンドの上限が位置し、112円30銭付近はフィボナッチ76.4%戻しとなり大幅上昇にはまだ時間が必要だろう。

今週のドル円予想レンジ;112円30銭(76.4%)~111円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事