(米ドル円日足)

ユーロやポンドが対ドルで下げ幅を拡大したことでドルは全面的に上昇。ドル円も攣られて買いが強まった。
また、米中貿易協議進展期待が高まる中でドル円はNY時間に111円63銭まで買いが進んだ。
楽観的なムードが広がる中で今日発表の米雇用統計の結果次第ではドル円は112円を試す展開も視野に入る。
ただ、112円付近にはボリンジャーバンドの上限やフィボナッチ61.8%戻しのレベルでもあり意識される。
また、このレベルは3月のFOMC会合でドル急落前のレベルで強いレジスタンスとなる。
週末ということもありこのレベルでは一先ず売りを出しておきたい。

ドル円予想レンジ: 112円00銭(BB上限)~111円20銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事