情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

メールアドレスが「obak」で始まる大場様
お時間のある時にメールフォームからご連絡いただけると助かります。

4月4日 木曜日

米国株について
ダウ平均は39ドル高の26218ドル。
米中貿易協議合意への期待から買われるも、売りも相応に出てきて売買交錯。100ドルほど乱高下しながら、39ドル高で取引終了。

米国株 日中足チャート
190404d.png

米国株 日足チャート
190404d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.15%高(39ドル高)、ナスダックは0.60%高、S&P500指数は0.21%高。
ハイテク比率の高いナスダックが、他2指数より大きく上昇しました。

〇S&P500指数業種別動向
5業種が上昇、6業種が下落しました。
上昇率の高い順
素材、情報技術、一般消費財、通信、金融

下落率の高い順
エネルギー、生活必需品、資本財、公益、ヘルスケア

〇ダウ構成銘柄の動向
6銘柄が上昇、 24銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ホームデポ 2.21%高、インテル 2.06%高、ゴールドマン・サックス 1.70%高、ダウ 1.12%高、アップル 0.69%高

下落率の高い順
ボーイング 1.54%安、ウォルグリーン 0.94%安、コカ・コーラ 0.84%安、シェブロン 0.83%安、キャタピラー 0.66%安

〇経済指標
・3月のISM非製造業景気指数は、56.1になりました。
2月の59.7から低下、市場予想も下回っています。

・3月のADP雇用統計は、民間部門雇用者数が12万9000人増。
市場予想を下回っています。

共に注目度(影響度)が高い為、売り材料になったと考えています。

〇米中貿易協議合意への期待が買い材料
前日の夜に、フィナンシャル・タイムズが「今日から開かれる米中閣僚級協議で、両国の合意が近づいている」と報じたことが買い材料。

〇売買交錯
米中貿易協議合意への期待で買われるも、指数の悪化を嫌気した売りと、短期急騰に伴う利益確定売りが上値を抑えました。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
上値は26300ドルで、下値は26100ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・無駄打ちはせず丁寧な投資を心掛けています
~ 大切なお金を投資するので、丁寧な投資を心掛ける ~
Source: 素人投資家の株日記

スポンサーリンク
おすすめの記事