(米ドル円2時間足)

日経株価が1か月ぶりの高値をつけて始まったことでドル円は111円45銭に上昇。
その後株価が利益確定の売りに押されるとドル円も上値が抑えられたが下値は限定的となった。
NY市場では三日間大きく上昇した株式市場も流石に調整売りに押されNYダウは4日ぶりに小幅下落。しかし、ドル円への影響はほとんど見られないなどドル円の底堅さが目立った。
今日のNY時間に発表されるISM非製造業景況指数に注目が集まる。
前日に発表されたISM製造業指数が予想を上回った事で米経済への期待が高まりドル円の上昇を促した。
今回の結果次第では111円ミドルを上抜ける可能性が高い。
反対に、予想を下回ったとしても市場全体に楽観的なムードが漂う中で下値は限られる。
上値目途としては3月20日に付けた高値111円70銭。

ドル円予想レンジ: 111円70銭(3月20日高値)~111円10銭(50.0%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事