JFXMATRIX TRADER

(米ドル円日足)

週明け東京市場でドル円は111円台に乗せてきた。中国製造業PMIが好不況の分岐点となる50を上回るとドル円は111円20銭まで上昇。その後はクロス円などの売りに押されドル円も110円台後半に押し戻された。しかし、NY市場でドル円は再び上昇。
米ISM製造業景況指数が予想を上回り米経済の底堅さが確認されたことで株価は上昇。米長期金利も2.5%台を回復するとドル高円安の流れが強まりドル円は111円45銭まで上昇。ほぼ高値圏での引けとなった。
今日の東京市場でもNY市場の流れを継いでリスクオンの動きが継続されるとみる。
FRBの緩和姿勢を背景としたドルの上値は依然として重いものの過度で悲観的な見方が後退する中でドル円は一段の上昇を試す展開が予想される。
フィボナッチ76.4%戻しとなる111円60銭を上抜くようならボリンジャーバンドの上限でもあり今年高値でもある112円13銭も視野に入る。

ドル円予想レンジ: 111円60銭(76.4%)~110円90銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事