JFXMATRIX TRADER

(米ドル円日足)

米中通商協議の進展により日本や中国、そしてNY株式市場は大幅上昇となったことでドル円はNY市場で110円95銭まで上昇。前日には110円手前まで下げて反発し、この日は111円手前で上値が抑えられた。期末のオプション絡みの売り買いがあった模様だが期が変わってそれらも仕切り直しになるとみる。
期初ということで機関投資家などの新規外貨投資への期待が高まる中で、111円を試す展開を予想する。
今週ワシントンで米中協議が再開されることから期待感からのドル円の買いも入りやすい。ただ、期待が高まり過ぎた時の反動には注意したい。
週初は米ISMや小売売上、そして週末には雇用統計が発表される。
週初から好調な結果が示されるようなら楽観的なムードが広がる。雇用統計でも前回雇用者数が大幅減少となったことからその反動で予想を上回る可能性が高い。
ドル円は押し目買いスタンスで臨みたい。

本日のドル円予想レンジ: 111円20銭(BB中心、61.8%)~110円30銭(雲の上限)
今週のドル円予想レンジ:111円60銭(76.4%)~110円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事