(ユーロ米ドル日足)

先週末に発表されたドイツPMIが予想を下回り世界的な景気減速懸念からNY株式市場の急落のきっかけを作った。
昨日発表されたドイツの3月IFO景況指数が99.6と予想の98.5を上回ったことで過度な景気減速懸念が後退。先週末急落したユーロの買い戻しがみられた。
NY市場では米長期金利が低下したことから更にユーロ買いが進みこの日の高値となる1.1331まで上昇。ほぼ高値圏での引けとなった。
180日移動平均線を見ると依然として下降トレンドが継続。
先週から急落したユーロのショートカバーが一巡すれば再び下落に転じるとみる。

ユーロドル予想レンジ: 1.1360(50%)~1.1300

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事