JFXMATRIX TRADER

(米ドル円時間足)

FOMC会合でドル円は111円ミドルから一円下の110円ミドルまで下落。東京市場が休場ということもありこの日のアジア市場でドル円は上値の重い展開が続いた。
欧州市場ではポンドやユーロのクロス円の売りが入りこの日の安値となる110円30銭を付けた。しかし、その後はドル買い戻しの動きが強まり反発。NY市場ではこの日発表された米製造業景気指数が予想を上回った事を機に上昇に転じた。
111円付近は半値戻しにあたることから一先ずその手前の110円96銭で上値が抑えられた。
休み明け東京市場では株価上昇の動きを反映し111円台を試す展開も予想される。
ただ、FRBのハト派色を背景にドルの上値も限定的とみておりフィボナッチ61.8%戻しの111円20銭付近が戻り高値として意識される。

ドル円予想レンジ: 111円20銭(61.8%)~110円40銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事