f:id:mayumi_binarydays:20190318143808j:plain

今週も始まりました!!

本日はそこまで重要度の高い指標は出ていませんが、一週間はどのようになっていくのか・・・

是非確認をして取引のスケジュールを作っていきましょう!!

↓↓ご質問等ありましたらこちらまで↓↓
f:id:mayumi_binarydays:20190309183632j:plain LINE ID79mayumi79

↓↓是非クリックお願いします♪↓↓

↓↓是非クリックお願いします♪↓↓
にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ

 

今週の主だった指標!

18日 月曜

加)国際証券取扱高
米)NAHB住宅市場指数

19日 火曜

豪)RBA議事録公表(3月5日開催分)
英)失業率
↑・失業保険申請件数

20日 水曜

日)BOJ議事要旨公表(1月22日・23日開催分)
英)消費者物価指数[前月比/前年比]
↑・消費者物価指数【コア】[前年比]
米)週間原油在庫
米)FOMC政策金利&声明発表
米)FRB経済・金利見通し発表
米)パウエルFRB議長の記者会見

21日 木曜

豪)失業率
↑・新規雇用者数
英)小売売上高[前月比/前年比]
↑・小売売上高【除自動車】[前月比/前年比]
英)BOE政策金利&声明発表
英)BOE資産購入枠発表
英)BOE議事録公表
米)新規失業保険申請件数
米)フィラデルフィア連銀景況指数
米)景気先行指数

22日 金曜

加)小売売上高
↑・小売売上高【除自動車】
加)消費者物価指数[前月比/前年比]
米)中古住宅販売件数

このような感じになっています。

本日に関しましては大きく動くわけではなさそうですが、今週水曜日木曜日に相場のピークとなりそうです。

特に水曜日に関しては、深夜ではありますがFOMC政策金利&声明発表、金利見通し、そしてパウエルFRB議長の記者会見が予定されています。

f:id:mayumi_binarydays:20190318183449j:plain

この指標は非常に動きが激しくなる可能性がありますのでご注意ください。

どの指標がお勧め?

まず先ほどお伝えした20日水曜日にあります

米)FOMC政策金利&声明発表
米)FRB経済・金利見通し発表
米)パウエルFRB議長の記者会見

この指標は非常に重要で、アメリ中央銀行金利発表となっており、数値が予測と違う場合には一瞬にして大きな動きになる事も考えられます。

ある程度は事前予測として情報が出回ってきますが、極まれにズレることもあるために警戒は必要です。

f:id:mayumi_binarydays:20190311145223j:plain

後はイギリスの指標が怖いところですかね、もともとイギリスポンドは変動が激しいもので、動くときは一日に5円以上動くこともあります。

木曜日の指標

英)小売売上高[前月比/前年比]
↑・小売売上高【除自動車】[前月比/前年比]
英)BOE政策金利&声明発表
英)BOE資産購入枠発表
英)BOE議事録公表

このあたりが大きくなるのではないでしょうか。

EU離脱の話もありますし、イギリスはまだまだ落ち着かなそうですね。

最後

アメリイギリス政策金利や要人発言が目を引きますが、それ以外にもいい指標がいっぱいありますのでご安心ください。

明日の夕方にはイギリスの雇用統計もありますし、木曜日にはオーストラリアの雇用統計も発表される予定となっています。

f:id:mayumi_binarydays:20190318184210j:plain

時間がバラバラですので出来る人と出来ない人が居る事と思いますが、無理はせず出来る範囲で取引をやっていくようにしましょう!!

ちなみに今日に関してはカナダの対外証券投資か、アメリカのNAHB住宅市場指数らへんが動きを見せるかもしれません。

とはいえ重要度の高い指標でもないので、必ずしも取引をするべきって訳ではありません。

もし取引をするのであればゆっくりでもやっていきましょう!!

 

Source: バイナリーオプション日記~まゆみの投資ブログ~

スポンサーリンク
おすすめの記事