(ポンド米ドル日足)

英国議会でEU離脱期限延長が可決されたことでポンドは1.3380の高値を付けてから下落に転じた。結果はほぼ織り込んでいたことから利食い売りなどが入り押し戻された。
テクニカル的に見ると2月27日に付けた高値1.3350とのダブルトップを付けたようにも見える。ただ、それにしては戻しの下落幅が小さく、依然としてポンド買いの余力があるとみてよいだろう。
今週はEU首脳会議で英国の6月末までの期限延長を了承する可能性が高く、そうなれば再度ポンド買いが強まる可能性が高い。ただ、そうなれば6月末までは材料出尽くしからポンド売りに転じる可能性も残る。
今度1.33付近で再度上値が抑えられるようなら売りから入りたい。

今週のポンドドル予想レンジ:1.3390(BB上限)~1.3120(61.8%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事