(米ドル円日足)

東京市場では前日の日経株価大幅上昇の反動から利益確定の売りに押され下落。英国離脱修正案が否決されたこともありドル円は111円前半まで売り込まれた。しかし、その後は堅調な地合いとなりNY市場に入ると111円47銭まで上昇。
しかし、ユーロやポンドの上昇によりドルが全般に売りが強まるとドル円は反落。トランプ大統領が「中国との貿易協議は急がず」との発言も受け111円01銭まで下落した。
株価の上昇は円安を促す一方で他通貨によるドル売りの動きがドル円の動きを狭めている状況は変わらない。
ただ、ブレグジットを巡る問題が一先ず収まることで市場全体が安定することになり、それは最終的にリスクオンの円安を促すものだ。
111円を割り込む場面があれば買いを入れておきたい。

ドル円予想レンジ:111円60銭(61.8%)~110円90銭(BB中心線)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事