JFXMATRIX TRADER

(ポンド米ドル日足)

12日の英議会におけるブレグジット修正案採決を控えアジア市場でポンドは様子見姿勢が続いた。しかし、欧州市場に入りポンドは上昇。議会採決前のポジション調整の買いとみられる。
NY市場でもポンド買いの勢いは止まらず1.31ドル台に乗せたが利食い売りなどで押し戻された。
その後メイ首相がEU首脳との協議のためにフランスを訪れるとの報道でポンドは再び買いが強まり1.1370まで上昇した。市場ではEUと修正案で合意しても議会採決では否決される可能性が高いとの見方があったがポンド売りには繋がらなかった。
それだけポンド買いの強さを示すものとみてよいだろう。
本日ロンドン時間に英1月GDPが発表されるが前月の-0.4%から+0.2%に上昇すると予想されポンド買いを促すとみられる。
ただ、大分ショートカバーが進んでそろそろ買い過ぎの反動も入りやすいことから高値掴みには注意したい。

ポンドドル予想レンジ:1.3300~ 1.3130(50%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事