JFXMATRIX TRADER

(米ドル円日足)

週明け東京市場でドル円は一時110円88銭に下落。しかし、上海総合指数が堅調な地合いで始まると日経平均株価も上昇。リスクオンの動きが強まりドル円は111円台を回復。
欧州市場に入ると各国株価が上昇しクロス円の買いがドル円の下支えとなり111円30銭まで上昇。
NY市場では最初ボーイング社株急落により株価全体が下落したことで一時111円付近まで押し戻されたものの米1月小売売上が予想を上回ったことから再び上昇。
株式市場もアップルやフェースブックの上昇が三指数全般を押し上げた。
結果的にポンドやユーロが上昇したことでドル売りが強まったことがドル円の上値を抑えている。
ドル円の下値110円80銭付近はボリンジャーバンドの中心線が下支えとなったことから底値を確認。
今日のNY市場で発表される米2月CPIが堅調な地合いを示すものとなれば株価上昇と同時にドル円は一段の上値を試す展開を予想する。

ドル円予想レンジ:111円60銭(61.8%)~110円85銭(BB中心)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事