JFXMATRIX TRADER

(米ドル円日足)

先週はECB理事会が予想以上にハト派的な内容となったことで世界的な景気減速懸念が広がりリスク回避の円買いが進んだ。週末の東京市場で日経や上海総合指数が大きく下落するとドル円は111円を割り込んだ。NY市場では雇用統計で雇用者数が予想を下回ると一気に110円80銭まで下落。しかし、失業率低下や賃金上昇などから111円前半に押し戻されて引けている。
今週はNY株式市場の調整が長引くようなら一段の下押しも視野に入る。
ブレグジットを巡る不透明観や日銀会合での緩和姿勢が織り込み済みとして指摘されるようならドル円は110円30銭付近までの下げも視野に入る。
しかし、NY株価が調整一巡で底打ちから反発に向かうようならドル円は再度112円ミドルを試す展開も予想される。
一先ずNY株価とともに110円80銭付近で下げ止まるようなら買いを入れてみたい。

今週のドル円予想レンジ:112円40銭~110円30銭(50%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事