JFXMATRIX TRADER

(米ドル円2時間足)

ECB理事会では予想以上のハト派的な内容となったことを受けユーロが大きく下落。これに攣られてクロス円の売りが強まりドル円の上値を抑えた。また、NY株式市場が三指数ともに下落したこともリスク回避の円買いを促した。ドル円は一時111円49銭まで下落したものの、一方でドルが全面高となったことから下値も限られた。
欧米中銀が相次いで緩和政策に戻り始めている中で日銀の手段は限られることから円高が進むとの見方も根強い。しかし、金利差による動きよりも株式市場の動向がドル円を下支えしているように見える。
今日の米2月雇用統計の結果NY株式市場の反応次第で目先ドル円の動きが左右されそうだ。
112円が当面の天井となるか、或いは底固めから再び上値を試す展開となるかを確認してから動きたい。

ドル円予想レンジ:112円20銭~111円25銭(50%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事