JFXMATRIX TRADER

(ポンド米ドル日足)

ロンドン時間に発表された英国2月サービスPMIは好不況の分岐点である50を下回ると予想されていたが結果は51.3となりポンド買いに反応。
しかし、その後「本日予定されているコックス英法務長官とバルニエ欧州委員会首席交渉官との会談では事態打開は見込まれない」との一部報道でポンドは下落に転じた。
また、労働党のマクドネル議員が「メイ首相のEU離脱案を支持する労働党議員は多くない」と発言したこともありポンドはこの日の安値となる1.3099まで下落した。
しかし、その後カーニーBOE総裁が利上げに前向きな発言でポンドは下げ止まりから反発。目先のポンドショートが炙り出されると1.31後半に押し戻され引けている。
結果的にローソク足をみると長い下髭を伸ばした寄り引き同時線が下値で現れた。
途転を表すパラボリックは依然買い継続。
ボリンジャーバンドの中心線も上昇トレンド継続となっており一旦は底を付けた可能性が高い。

ポンドドル予想レンジ: 1.3220(50%)~1.3130

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事