(ポンド米ドル日足)

ロンドン時間に発表された英国2月建設業PMIが49.5と予想の50.5を下回った。好不況の境目を表す50を下回ったことでポンドの売りが徐々に強まり始めた。
NY時間にはこの日の安値となる1.3167まで下落するなど上値の重い展開が続いている。
この日英首相報道官が「バックストップ案の法的保障を得るために協議中」「交渉は前進しているが、やるべきことは残っている」と発言するなど依然として離脱交渉への期待と不安などで不透明感が漂う。
本日5日にはバークレーEU離脱担当相とコックス法務長官がバルニエ主席交渉官と話し合う予定。何らかの解決策が出ればポンドの買い戻しのきっかけになる。
ただ、一先ず天井を付けて下落に転じたポンドの動きはもうしばらく続く可能性が高い。
今日の欧州時間には英国2月サービスPMIが発表され、こちらも前日と同様に好不況の境目となる50を下回ると予想される。ポンドの一段の下押しには注意したい。

ポンドドル予想レンジ: 1.3220~1.3060(50%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事