今回は米国への投資の幅を広げてみたいという意味で、債券投資を一部やってみる事にしました。

今回買い付けた債券概要

  • アメリカ合衆国国債
  • 2042年8月15日満期
  • 米ドル建トレジャリーボンド
  • 単価96.93%、利回り2.931%(税引き前)
物は試しの段階なので、200ドル分を買い付けました。
ある程度の余剰資金はここに放り込んでおいてもいいのかもしれないな、と思ったのがそのキッカケです。
年2回に分けて利子が入るので、配当金生活にとってもマイナスにはなるまいと考えてます。
円転する時には為替差益の計算が面倒なのは株だろうが債券だろうが変わらないので、そこは粛々と受け入れるしかないかな…

まとめ

債券のメリットは金利を見ておく事、国際情勢などを見ることくらいかと思いますので、これが私に合っているようならば、今後も買い増しをするかもしれません。
それではまた。

Source: 積立投資健忘録

スポンサーリンク
おすすめの記事