JFXMATRIX TRADER

(ポンド米ドル日足)
GBP_USD_20190227_hiashi.jpg
東京から欧州市場にかけてポンドは1.3130付近からじりじりと上昇。その後カーニーBOE総裁が「景気が予想通りに推移すれば利上げが必要」と発言。また、BOE副総裁も「英国のインフレ期待は上昇している」など、利上げに前向きな姿勢が示されたことでポンドは1.3238まで上昇した。その後NY市場にかけて利食い売りなども散見され1.3143まで押し戻されたもののNY市場で再び上昇。メイ首相が下院の演説で「3月12日までに離脱案が議会で承認されない場合、合意無き離脱か短期間の離脱時期延期かを議会に問う」と表明。その時点ではポンド買いに反応は限定的ではあったが、ロンドンフィキシングにかけてポンドの纏まった買いが入ると1.3288まで上昇。このレベルは昨年9月の高値でもあり意識されたのか上値が抑えられた。
実際に議会が延期を承認してもEUとの打開策が見えない状況で、依然として不安は燻る。
一先ずポンドショートの炙り出しが入った後だけに目先は調整の売りが入りやすい状況とみる。
昨日の高値1.3288付近の重さが確認されるようなら短期的には売りから入りたい。

ポンドドル予想レンジ: 1.3270(BB上限)~1.3165(38.2%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事