英国が離脱延期の可能性や利上げに前向きな姿勢が示されたことでポンドが大幅上昇。一方、株価が下落しドルの長期金利が低下する中でドルが全面安となった。各市場が全般にポジション調整的な動きを見せた。
昨日の東京市場でドル円は前日に今年最高値となる111円23銭を付けた後だけに利益確定の売りが先行。110円後半に押し戻された。同時にクロス円全般に調整的な売りが入るなど円安から円高に一転。
欧州市場ではポンドが堅調にスタート。カーニーBOE総裁が「景気が予想通りに推移すれば利上げが必要」と発言。また、BOE副総裁も「英国のインフレ期待は上昇している」など、利上げに前向きな姿勢が示されたことがポンドを押し上げた。
NY市場に入るとドルが全般に下落して始まった。
この日発表された12月住宅着工件数が-11.2と予想の-0.2%を下回ったことでドル売りが先行。その後発表された2月消費者信頼感指数が131.4と予想の124.7を上回ると買い戻しの動きも見られた。
注目のパウエルFRB議長の議会証言では「米経済見通しは良好だがここ数カ月に渡り相反する兆候も見られる」「政府の政策を巡る不透明感が強く、金融政策の変更には辛抱強くなれる」など、これまでの内容を踏襲するもので市場への反応は限られた。
その後、メイ首相が「3月12日までに離脱案が議会で承認されない場合、合意無き離脱か短期間の離脱時期延期かを議会に問う」と表明。延期の可能性が示されたことで安心感が広がりポンドが大きく上昇するとドルが全面安となった。
また、NY株式市場も三指数ともに小幅下落し米長期金利も低下。
結果的にドル安と円高が同時に強まりドル円は110円ミドル付近まで押し戻されて終了。
全般に調整的な動きが目立つものの、これまでの楽観的なセンチメントに変化は見られない。
米中通商協議の進展や政府機関閉鎖回避、そしてFRBの利上げ停止期待などが市場の安心感を支える。更に、ブレグジットへの懸念後退もあり調整が一巡したところでは再び緩やかな株高円安の動きが強まるとみている。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事